キャンセル料が発生する時期やケース、料金について

引越し日時の変更にもキャンセル料金は発生します

引越しをキャンセルしなくてはならなくなった場合、心配なのはキャンセル料金。

どのくらい払わなければならないのか心配になるかもしれませんが、引越し業務のキャンセル料金は「引越約款」によって定められています。

  • 引越し予約日の前日のキャンセルは見積り運賃の10%
  • 引越し予約日の当日のキャンセルは見積り運賃の20%

つまり引越し予約日の前々日迄はキャンセル料金はかからない、無料でキャンセルできるということになります。

管理人個人の印象としては、引越し業務は時間も手間もかかる作業な割にはキャンセル料金が低いなと思います。当日で20%ですからね。

この割合は引越約款に基づいていますので、基本的にどの引越し業者でも取扱いは同一です。このことは頭に入れておきましょう。

キャンセルを申し出たら法外に高いキャンセル料金を請求してくるのは違法です。また、契約の際に手付金や内金を要求してくる業者とは契約しないことをおすすめします。

キャンセルというのは、引越しのキャンセルだけでなく、予定変更も対象となっています。

自己都合で引越しはするけれど、日時を変更したいという場合にも、このキャンセル料の対象となりますので気をつけましょう。 (とはいえ、変更であれば、キャンセル料をとらない良心的な業者もいます)

また、キャンセルした場合、引越し業者が無料で提供してくれたダンボールやガムテープ等の梱包資材は返却しなければなりません。

引越しを依頼することが前提ですから当然なのですが、問題はダンボールの返送送料は自己負担となること。枚数が多いとそれなりの値段になります。

次の引越しにつながる可能性があれば、引き取りに来てくれるかもしれませんので、一応丁寧に依頼してみる価値はあるでしょう。

当然のことですが、キャンセル料がかからない前々日迄なら気軽にキャンセルしていい、といった考え方ではなく、万が一キャンセルが決まったらなるべく早く連絡しましょう。

このページの先頭へ