荷物の紛失は補償適用対象外になるケースが殆ど

引っ越しの際の荷物の紛失は盗難事件として扱われる

引越し時のトラブルで一番多いのが「破損」と「紛失」ですが、驚くべきことに「紛失」は引越し業者が加入している保険での補償適用対象外になるケースが殆どということ。

え?荷物を運んでる最中の紛失なのになぜ適用外?と思いますが、実は紛失に関しては、過失ではなく盗難という理解になることが多い為。

引越し業者が盗難しているのではない以上、第三者が盗難したということになり、保険が適用外となり、更に警察への届出が必要となります。

ただでさえ多忙な引越し時に、荷物がなくなって、更に引越し業者は「うちの責任ではない」となり、警察のお世話になるなんて、考えただけでも腹立たしいこと。

とはいえ、紛失というのは、その荷物が引越し前からあったことを証明するのが難しいのです。

冷蔵庫や洗濯機といった大きく1つしかないというものなら証明できますが、同じようなダンボールの場合、リスト化したり通し番号をつけている等の対策がなければ、証明するのは困難です。

引越し会社としても作業員による紛失は「ありえない」ことと取り扱っているため、盗難事件として警察に届けて下さい、という対応にせざるを得ないわけです。

荷物の紛失を防ぐ対策は?

引越し業者の保険の補償適用内容も事前に確認しておく

まずは金品などの貴重品は自分で運ぶのは当然ですが、他にも紛失したら困る自分にとっての貴重品も自分で運ぶか、無理であればダンボールに通し番号をふる、部屋ごとに目立つシールと番号を貼るとか、作業員に大事に扱うように念を押すとか、目を光らせるべきといえます。

デジカメで撮影しておくのも証拠になりますね。

また引越が終わって作業員が撤収した後に「荷物が1個足りない」といっても、ますます証明は難しくなります。

大変ですが、引越し作業が終わる前に、荷物が全てあるかどうかの確認をするべきです。

尚、引越し業者が契約している保険内容によっては紛失も補償適用となるケースもあります。

これは業者によって契約している保険の中身が異なりますので、見積り段階で「どんなトラブルに保険が適用になるか」「万が一の破損と紛失の補償について」具体的にどの程度補償されるのか、確認するべきでしょう。

管理人の知り合いは引越しの際(同一市内での引越しでしたが)、食器を入れたダンボールが1個、行方不明となりましたが、結局補償されず、大事にしていたブランドものの大皿を中心とした食器がなくなってしまったそうです。

責任の所在がはっきりせず、警察に届けて欲しいと言われ、乳児を抱えてそこまで手が回らず結局泣き寝入りです。

また箱の中で破損していることもありえます。
紛失や破損は他人事ではなく「どんな引越しでも起こること」として、とにかく到着したら大事な荷物の確認を怠らないように覚えておきましょう。

このページの先頭へ