追加料金の発生を防ぐためにも、正確な情報を業者に伝える事が大切

ハッキリと分からないことを大丈夫というのもNG~引越し業者への追加料金発生の原因に

引越しが終わり、精算段階で見積り金額より高い金額を請求されてトラブルになることがあります。

一体何が原因なのでしょうか?悪徳業者でない限り、見積りより高い金額を請求するのには理由があります。

一般論になりますが、追加料金が多発する事例には以下のようなものがあげられます。

  • 荷物が増えた

    訪問見積り時に、新居となる建物の「エレベーターの有無」「何階の部屋なのか、何階建てなのか」「建物前の道路幅、駐車可否」といった質問がされます。この時に伝えきれていない内容があり、その結果作業量が増えたといった場合にも料金が加算されます。

  • 荷作りが終わっていない

    節約プラン、標準プランなど、荷作りは自分で行うプランの場合、引越し時には全ての荷造りが終わっていなければなりません。

    ところがトラックが到着してもまだ荷作りが終わっていない、当然作業員も手伝うとなればその分の作業料金が追加請求されます。

    頼んでいない、は通用しません。トラックには予定がある為、ここで荷作りを待つ余裕が無いからです。必ず荷作りを終えておくことが大事です。

  • 搬入先の道路、建物状況が説明と異なる

    訪問見積り時に、新居となる建物の「エレベーターの有無」「何階の部屋なのか、何階建てなのか」「建物前の道路幅、駐車可否」といった質問がされます。この時に伝えきれていない内容があり、その結果作業量が増えたといった場合にも料金が加算されます。

    質問内容に正確に答えていればたいていは大丈夫なのですが、ハッキリしないことを、大丈夫ですと答えるのは絶対にNG。判らないことは「判らない」と答え、調べてから伝える等の方法で、業者が知りたい情報を正確に「伝えることで加算の発生しない見積り作成が可能になります。

注意していても、追加料金が発生してしまった場合、納得いかなければその場にいるのは作業員ですので、担当者に電話を入れて交渉しましょう。

また、明らかに悪質(滅多にないですが)、だと感じる場合には、国民生活センターへ電話して相談しましょう。

見積もりは「どれくらいの量の荷物を」「どのような手間で搬出入するか」が重要です。

トラブルを回避するためにも、曖昧な返事はせず、正確な答えを心がけて下さい。

このページの先頭へ